>

足りない栄養を補給しよう

ビタミンBが多く含まれるもの

体内で栄養が不足している時に、口内炎を発症すると言われています。
口内炎になりやすい時は、ビタミンBが足りていません。
豚肉やウナギに多く含まれるので、食事に取り入れてください。
食事だけで補えない人のために、サプリが販売されています。
サプリなら1粒に栄養が凝縮されているので、1日に必要なビタミンBをきちんと摂取できるでしょう。

忙しいとコンビニ弁当や冷凍食品で食事を済ませてしまう人がいます。
しかしそれらは添加物が多いですし大して栄養が入っていないので、不健康になりがちです。
口内炎を改善することを目標にするなら、栄養バランスの整った食事を心がけてください。
毎日健康を考えたメニューにすることで、口内炎を予防できます。

睡眠が足りていない

疲れている時も、口内炎ができやすいです。
そんな時は、しっかり眠ってください。
睡眠時間が足りないと、身体を回復させることができません。
前日の疲れが残っている状態でまた働くので、さらに疲れが蓄積されてしまいます。
かなりの疲れが溜まっている時は、少し眠っただけでは回復できません。
負の連鎖に陥るのでストレスが溜まって、口内炎ができます。

歯医者に行くときちんと眠って、疲れやストレスを溜めない生活を送るように言われると思います。
残業をして遅く帰宅した際は、簡単なスープだけお腹に入れてゆっくり休んでください。
夜遅くに食事を済ませると、身体に負担を与えてしまいます。
スマートフォンやパソコンもさわらないで、就寝しましょう。


この記事をシェアする