>

予防する方法を聞いておこう

優しい力で擦る

対策のために口内を清潔な状態にするのは良いことですが、強く歯を擦らないように注意してください。
強く擦ると、歯や歯茎を傷つけます。
そこからバイ菌が入って炎症を起こすので、口内炎に繋がります。
日頃から、丁寧に磨くことを心がけてください。
歯が傷つくと口内炎だけでなく、虫歯になるリスクも高まります。

口内の健康を守るために、毎食後の歯磨きを欠かさないでください。
会社に行っている時も、歯磨きセットを持って行くと良いですね。
食後に歯を磨かないと汚れが溜まって、汚い環境になってしまいます。
歯ブラシだけで汚れが取れるか不安な人は、歯間ブラシなども使うと良いですね。
さらに道具を使って磨くことで、汚れを隅々まで落とせます。

痛みで歯磨きができない

大きな口内炎ができると、少し触れるだけで痛みを感じてしまいます。
すると歯ブラシで歯を磨くこともできないかもしれません。
どうしてもできない場合は、液体歯磨きで口をゆすいでください。
殺菌効果があるので、清潔な環境にすることに効果を発揮してくれます。
また口内炎を消毒することで、症状を緩和させる効果も持っています。

アルコールが含まれているものは刺激が強いので、痛みを感じるかもしれません。
アルコールを使っていない、低刺激タイプの液体歯磨きを購入してください。
いつも歯を磨いた後に、液体歯磨きを使って仕上げを行う方法もあります。
特に夜寝る前に液体歯磨きを使うことで、フッ素をコーティングできます。
虫歯予防にも大きな効果があるでしょう。


この記事をシェアする